理想を目指すための骨盤に関する情報をご紹介しています。
早目に改善!骨盤の歪みの自覚

早目に改善!骨盤の歪みの自覚


早目に改善!骨盤の歪みの自覚
仕事や家事など日常生活の中で徐々に骨盤に歪みが生じてしまい、身体に大きな変化を与えてしまいます。
もし骨盤の歪みを自覚し始めたら次第に歪みが出てきますので、早目に骨盤矯正を受けましょう。

ライフスタイルを変化させることでいつもの生活で歪んでしまってきている骨盤は、必然的に改善されていきます。
普段の生活の中で骨盤矯正に効果がある動作を繰り返すことで、ちょっとづつ骨盤を改善していくことができるでしょう。

皆さんの中には腹筋を毎日鍛えている方もいらっしゃるかと思いますが、その腹筋が弱まってしまうことで、骨盤が徐々に開いてきてしまいます。
このことから腹式呼吸で生活をしたり、また腹筋を使用するように意識した生活をしていくことが重要なのです。




早目に改善!骨盤の歪みの自覚ブログ:17年10月03日

中学・高校時代、
ボクはママが作った弁当を持って学校へ通いました。

アルミの大きな弁当箱の中には、
赤いウインナー、塩辛い卵焼き、ピーマンの炒め物、
ご飯はギュウギュウ詰め…
それがボクの弁当の定番でした。

11時休み、弁当の蓋を開けると、
ご飯の表面には、
のりで眉や目や鼻を、桜でんぶで口や頬を描いて、
ママは、その日の自分の気持ちを表していました。

時には怒った顔、時には悲しい顔、
まれに、にっこりとした笑顔もありました。

前の日にママと喧嘩をしたときは、
決まって怒った顔でした。

最近は、お弁当に工夫を凝らして、
ブログなどで発表される方も多いようですが、
もう三十年以上前の話ですから、
ママの弁当は元祖デコ弁かもしれませんね。

とりわけ中学生のころは、
ほとんどママとは口を聞かず、聞いたとしても、
ボクが怒鳴ったり、文句を言ったりするばかり…

思春期や反抗期、いろいろな理由があったのですが、
「なんで産んだんだ!ばかやろう!」
そんなことを口走った次の日は、決まって悲しい顔が書いてありました。

「いってきます」「ただいま」も言わないで、
無言で弁当を持って学校へ行くお子様に、何かを伝えようと、
弁当に託していたのでしょう。

ママがボクに気持ちを伝えようとした元祖デコ弁の顔を、
ときどき思い出します。

どんな時でも、
ボクとのコミュニケーションを諦めたり、
ボクを見捨てたりしなかったママには頭が下がります。

一週間位前、久しぶりに実家に帰った時、
ママに「何が食べたい?」と聞かれて
「弁当に入っていた卵焼き」と言ったら、
「せっかく来たのに、そんなものでいいの?」と言っていましたが、

ボクにとっては、ママを思い出すおふくろの味。
一番のご馳走なのです。
早目に改善!骨盤の歪みの自覚

早目に改善!骨盤の歪みの自覚

★メニュー

早目に改善!骨盤の歪みの自覚
骨盤矯正は美容で重要となる
骨盤ダイエットで骨盤を正しい位置に戻す
骨盤枕で新陳代謝を向上させる
痩身施術は世界的に注目されている
今大変注目されている骨盤ベルト
ブライダルエステはカウンセリングから始まる
骨盤ダイエットで身体の内部から改善する
無茶なダイエットは必要無しのエステ
小顔に大きな影響を与える普段のストレス


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)美しさを追求!骨盤ダイエットガイダンス